板金塗装の魔法: その知らなきゃ損する基礎知識とポイント

query_builder 2024/05/13 板金塗装
あなたの愛車を美しく保つために欠かせない「板金塗装」。この記事では、板金塗装の基本から、選ぶべき塗料の種類、正しいメンテナンス方法にまで焦点を当てています。あなたの車の寿命を延ばすための手引きとしてお役立てください。
株式会社中野自動車
ロゴ
車検や定期点検、修理や板金塗装、パーツ交換など、車の全般的な整備を丁寧に行っております。お客様の安心と満足を第一に考えるサービスを、経験豊富なスタッフの丁寧な取り組みで大阪にて提供いたします。
株式会社中野自動車
住所:

〒573-0014

大阪府枚方市村野高見台10-4

電話番号:
072-840-3090

板金塗装ってなに?

車を長持ちさせ、常に美しさを保つために重要な役割を果たす板金塗装。だけどその意義や役割について詳しく知っていますか?

板金塗装の基本

板金塗装は、車の外観を修復するための重要な役割を果たします。日常の使用や事故によるダメージを修正し、車体を美しく保つことができます。板金塗装の基本として、まずは下地処理が重要です。傷や凹みを修復し、表面を磨いた後、下地塗装を施します。これによって、塗料が均一につくられます。そして、選んだ塗料を塗装していきます。均一に塗ることが美しい仕上がりへのポイントです。多くの場合、塗料は何回かに分けて薄く塗られます。それによって、均一な質感が出るだけでなく、耐久性も向上します。板金塗装は、車の修復や保護のために欠かせない工程です。正確で丁寧な作業が求められるため、専門知識を持ったプロに依頼することがおすすめです。しかし、基本的な手順や注意点を理解しておくことで、板金塗装の理解が深まります。自分の愛車をより美しく保つために、板金塗装の基本を知っておきましょう。

板金塗装の目的

板金塗装には二つの目的があります。まず、もちろん見た目を美しくすることが一つの目的です。車体についた傷や凹みを修復し、新しい塗装を行うことで、車はまるで新品のような輝きを取り戻します。美しい外観は自身のスタイルを表現するだけでなく、車の価値を高める重要な要素でもあります。

もう一つの目的は、車を守ることです。車の外部は日々の使用や環境の影響でさまざまなダメージを受けていきます。板金塗装は、塗料の層を車体にまとめることで、腐食やサビから車を守る役割を果たします。また、外部からの汚れや紫外線からも車体を守ります。適切な塗装によって、車の寿命を延ばし、長く美しい状態を保つことができるのです。

板金塗装の目的を知ることで、車の外観の美しさだけでなく、車自体の保護も意識することができます。愛車を一層大切にするために、板金塗装の重要性を理解し、定期的なメンテナンスを行いましょう。自分自身が車を大切にする姿勢が、車の寿命や価値にも反映されることを忘れないでください。

板金塗装の種類

適切な塗装を選ぶことは、長期的に車を保護するために重要です。塗料の種類によって、効果や持ちが変わるのです。

一般的な塗装の種類

板金塗装には一般的に使用される、アクリル塗装とウレタン塗装という二つの主要な種類があります。

まず、アクリル塗装です。アクリル塗装は、一般的な車の塗装に使われることが多く、その理由はいくつかあります。まず、コストが比較的安価であることが挙げられます。また、塗膜の強度が高く、耐久性にも優れています。さらに、塗装時の乾燥時間が比較的短く、作業効率も良いというメリットがあります。しかし、アクリル塗装は耐候性にはやや劣るため、日本の気候条件下では数年ごとの再塗装が必要となることがあります。

次に、ウレタン塗装です。ウレタン塗装はアクリル塗装よりも耐候性が高いのが特徴です。長期間の使用や悪天候にも耐えることができます。また、耐久性も高く、光沢感が持続しやすいため、美しい仕上がりを長く維持することができます。ただし、ウレタン塗装はアクリル塗装よりもコストが高く、塗装時の乾燥時間も長くなるため、作業にはより時間と手間がかかることを覚えておきましょう。

どちらの塗装を選ぶかは車の使用状況や個人の好みによって異なります。一般的には、耐久性や耐候性の面でウレタン塗装が推奨されますが、予算や塗装の頻度も考慮しながら選ぶことが重要です。専門家と相談しながら、自分の車に最適な塗装を選ぶようにしましょう。最終的には、車の美しさと保護性を兼ね備えた塗装が、愛車を魅力的に保つための魔法となるのです。

塗料の選び方

適切な塗料を選ぶことは、板金塗装の成功に不可欠です。塗料の選択は、耐久性、色の鮮やかさ、メンテナンスのしやすさなど、多くの要素に基づいて行われます。

まず、耐久性を考慮して塗料を選びましょう。自動車は常に外部の環境にさらされていますので、塗料の耐久性は重要です。特に、紫外線や雨水から車体を保護するためには、耐候性に優れた塗料を選ぶことが必要です。ウレタン塗装は、その点で優れた選択肢です。

次に、色の鮮やかさという観点から塗料を選びましょう。車の外観は色で印象を左右しますので、自分の好みやスタイルに合った色を選ぶことが大切です。また、色の鮮やかさが長く持続する塗料を選ぶことで、愛車の美しさを保つことができます。

さらに、メンテナンスのしやすさも考慮しましょう。塗装後も定期的なメンテナンスが必要ですが、その手間やコストを減らすためにも、塗料の質が重要です。塗料が汚れにくく、キズがつきにくいものを選ぶことで、メンテナンスの手間を最小限に抑えることができます。

塗料の選び方には個人の好みや予算も関係しますので、専門家のアドバイスを受けることをおすすめします。専門家は車の特性や地域の気候条件に詳しく、最適な塗料を提案してくれるでしょう。自分の車に最適な塗料を選ぶことで、耐久性も美しさも兼ね備えた塗装を実現しましょう。板金塗装の魔法は、適切な塗料選びから始まるのです。

板金塗装のプロセス

知ってると安心!板金塗装がどのようなプロセスで行われるのかを学びましょう。

前準備作業

板金塗装を行う前には、必要な前準備作業があります。これらの作業は、塗装の仕上がりや耐久性に直接影響を与えるため、非常に重要です。

まず、下地処理が行われます。下地処理は、車体表面の傷や凹みを修復し、塗装面を整える作業です。まず、傷を修復するためにサンディングやパテ埋めが行われます。これによって、鈑金作業などで生じた傷やデントを平滑化し、塗装が均一に行える状態にします。また、表面を磨いてつやを取り除くことで、塗料が密着しやすくなります。

その後、下地塗装が施されます。下地塗装は、塗料が均一に付きやすくするために行われる作業です。下地処理後に塗布される下地塗装材は、通常プライマーと呼ばれます。プライマーは塗料と車体の密着性を高め、塗装の耐久性や仕上がりを向上させる役割を果たします。下地処理後の表面の状態によって、複数回の下地塗装が必要な場合もあります。

前準備作業では、正確さと丁寧さが求められます。傷や凹みの修復、下地塗装の均一な施工は、塗装の仕上がりに大きく関わるからです。特に、下地処理の段階で不備があると、それが塗装面に影響を与え、仕上がりの質を低下させる可能性があります。

前準備作業は専門知識と技術を要するため、素人が行うことは難しいです。信頼できる板金塗装の専門家に依頼することをおすすめします。適切な前準備作業を行い、車体を美しく仕上げることで、耐久性のある板金塗装が実現されるのです。

塗装作業

前準備作業が完了したら、いよいよ塗装作業に入ります。塗装作業は、美しい仕上がりを実現するために注意と技巧が求められる重要な工程です。

まず、選んだ塗料を塗布していきます。均一な塗装面を作るために、塗料は薄く均一に塗布されます。一般的には、何回かに分けて薄く塗ることで、塗膜の厚さや仕上りの品質を高めます。均一な塗装面は、塗装による色ムラや段差を少なくし、美しい仕上がりを実現します。

塗布作業は、プロの技術と経験が重要です。均一な塗装を行うためには、正確な塗布テクニックが必要です。塗装時には、塗料がムラなく均一に塗られるように注意し、途中で塗料がたれないようにすることも大切です。

また、塗装には塗装ブースと呼ばれる専用の作業場が使用されます。塗装ブースは塗料の飛散を防ぎ、外部の埃や汚れなどが塗装面に付着することを防止します。塗装ブースは清潔でコントロールされた環境を提供し、塗装作業の品質を向上させる役割を果たします。

塗装作業は、正確さと緻密な作業が求められるため、プロの技術や設備が活かされます。自身での塗装作業は高度な技術と知識を必要とするため、慎重に判断することが重要です。専門の板金塗装業者に依頼することで、美しい塗装面を実現できるだけでなく、耐久性や仕上がりの品質を確保できます。

丁寧な塗装作業によって、車の外観が生まれ変わります。塗装作業は板金塗装の最も目に見える部分であり、愛車の美しさを引き立たせる要素となるのです。

板金塗装後のメンテナンス

一度塗装したからと言って安心してはいけません。適切なメンテナンスが塗装の寿命を左右します。

定期的な洗車

板金塗装を長く美しく保つためには、定期的な洗車が欠かせません。洗車は、車の外観を清潔に保つだけでなく、塗装を長持ちさせるための重要なメンテナンス作業です。

まず、定期的な洗車の頻度ですが、一般的には週に一度程度が推奨されます。ただし、使用状況や環境によっても異なるため、こまめな目視で車の汚れや塗装の状態をチェックしながら、洗車のタイミングを判断することが大切です。

洗車の際には、適切な洗車グッズを用いて行うことが重要です。磨き傷を防ぐためには、柔らかいスポンジや洗車用のマイクロファイバータオルを使用しましょう。また、専用の洗車用シャンプーを使って洗い、中性の洗剤を選ぶことも大切です。強い洗剤や洗浄剤は、塗装を傷つける恐れがあるため避けるべきです。

洗車の手順も重要です。まずは車を水で濡らし、表面の汚れを洗い流します。次に、洗車スポンジなどで洗剤を泡立て、優しく車体全体を洗浄します。洗い終わったら、再び水で洗い流し、十分にすすいで水滴を取り除きます。最後に、洗車用のマイクロファイバータオルや、専用の乾燥タオルを使用して車体を拭き上げれば、洗車作業は完了です。

定期的な洗車によって、塗装面の汚れや塵、鳥のフンなどを除去することができます。これによって、塗装の劣化を防ぎ、輝きを保ちます。また、洗車を継続的に行うことで、塗装面のプロテクション効果も持続させることができます。

愛車を美しく保つためには、定期的な洗車を欠かさず行いましょう。清潔な車体は印象を左右するだけでなく、塗装の寿命を延ばすためにも重要です。時間を作って定期的に洗車し、愛車をいつも美しく保ちましょう。

保護ワックスの利用

洗車だけでなく、保護ワックスを定期的に使用することも、塗装の寿命を延ばすために重要です。保護ワックスは塗装面を直接的なダメージから守り、光沢感を保つ役割を果たします。

保護ワックスを使用することで、車の塗装面に薄い保護膜を形成します。この膜は細かいキズや汚れ、虫の残骸から塗装面を守ります。また、紫外線や酸性雨などの外部の要素からも車を守り、塗装の劣化を防ぎます。

保護ワックスは、専用のワックス剤を使用し、指定された手順に従って施工することが大切です。ワックスを均一な膜として塗布するためには、クロスやスポンジ、専用のアプリケーターを使用しましょう。塗布後は、指定された時間が経過したら、マイクロファイバークロスなどを使って丁寧に拭き取ります。これによって、ワックスを均一に広げ、余分なワックスを取り除くことができます。

保護ワックスの適切な利用は、塗装の寿命を延ばすだけでなく、車の外観を美しく保つためにも重要です。ワックスによって塗装面が保護され、艶や光沢感が向上します。さらに、汚れや水滴が付きにくくなるため、洗車の際にも作業がスムーズになります。

保護ワックスは一定の期間で再施工が必要ですので、定期的にケアすることが重要です。車の使用頻度や環境によっても異なるため、専門家のアドバイスや製品の指示に従って施工することがおすすめです。

愛車を美しく保つためには、洗車に加えて保護ワックスの利用も欠かせません。ワックスによって塗装面を保護し、光沢感を引き出すことで、いつまでも輝きを持ち続ける愛車を実現しましょう。

板金塗装の費用

板金塗装を行う際、気になるのがその費用。しかし、一概には決められない要素が多いのです。

費用に影響する要素

板金塗装の費用は、車の大きさや傷の深さ、塗装の範囲など、さまざまな要素によって影響を受けます。

まず、車の大きさが費用に影響を与えます。一般的に、大型車やSUVなどの大きな車種では、塗装面積が広いために費用が高くなる傾向があります。車のサイズを把握しておくことで、費用の見積もりにおいて参考にすることができます。

また、傷の深さや範囲も費用に影響します。軽度な傷や小さな凹みの修復に比べて、深い傷や広範囲にわたる修復は、より多くの作業と時間が必要となります。修復が複雑であるほど、費用も高くなることがあります。

さらに、塗装の範囲も費用に関わります。一部分の修復やパネルの塗装に比べて、全体的な車体の塗装はより高い費用がかかることがあります。また、特殊なデザインやパーツへの塗装を希望する場合も、追加の費用が発生することがあります。

その他にも、塗装の種類や塗装材の選択によっても費用が変動します。ウレタン塗装の方がアクリル塗装よりもコストが高くなることが一般的です。また、特殊な効果や色を希望する場合は、特殊な塗装材や仕上げになるため、費用が増えることがあります。

費用に影響する要素はさまざまですが、まずは専門の業者に見積もりを依頼することが重要です。複数の業者からの見積もりを比較検討することで、適切な価格を把握し、予算に合わせた選択ができるでしょう。

費用は一時の出費ですが、板金塗装は愛車の美しさや寿命を保つために欠かせないメンテナンスです。適切な塗装を選び、予算に合わせた費用を把握しながら、愛車を美しく保つための板金塗装を検討しましょう。

見積もりの重要性

自動車の板金塗装の費用を確認する最良の方法は、専門店による見積もりを取得することです。見積もりは、費用の明確な把握をするだけでなく、信頼性や品質の比較検討にも役立ちます。そのため、見積もりの重要性は言わずもがなです。

まず、見積もりを取得することで、費用の明確化が可能になります。専門業者による見積もりは、車の状態や修復範囲、塗料の種類などの要素を考慮して具体的な金額を提示してくれます。これによって、予算を明確に定めることができます。また、見積もりを複数の業者から取得することで、価格の比較も容易になります。

見積もりは費用だけでなく、信頼性や品質の判断材料としても役立ちます。業者ごとの価格差がある場合、その差には理由があることがあります。安い見積もりの場合は、使用する塗料の質や作業の丁寧さに疑問が生じるかもしれません。一方、高い見積もりの場合は、それに見合う品質やサービスの提供を期待できます。複数の見積もりを比較することで、費用だけでなく、業者の信頼性や品質についても判断することができます。

また、見積もりの過程で業者とのコミュニケーションも重要です。見積もりの際には、車の状態や要望を正確に伝えることが大切です。それによって、業者はより適切な見積もりを提供し、お客様の要望に合わせた作業を実施することができます。また、見積もりの段階でのコミュニケーションは、信頼関係の構築にもつながります。

見積もりの重要性を理解し、慎重に業者を選ぶことで、予算内で適切な板金塗装を受けることができます。自動車の外観を美しく保つためには、信頼できる業者との相互理解が不可欠です。見積もりを通じて、適切な価格と品質を確保しましょう。

DIY板金塗装ってどう?

自分で板金塗装をやってみたいと思う人もいるでしょう。実際のところはどうなのでしょうか。

DIY板金塗装のメリット

自分で板金塗装を行うことを考えたことがあるかもしれません。実際、DIYによる板金塗装にはいくつかのメリットがあります。

まず、DIY板金塗装の一つの大きなメリットは、費用の節約です。塗装作業を自分で行うことで、専門業者に依頼する費用を抑えることができます。また、自分で材料を購入し、作業を行うことで、予算に合わせた塗料や道具を選ぶことも可能です。

さらに、DIYで板金塗装を行うことは、自分の思い通りの仕上がりを実現するチャンスでもあります。好みの色やデザインに合わせた塗装を行うことができます。また、自分の手で作業を進めることで、自身のスキルや技術の向上も期待できます。

DIY板金塗装のもう一つのメリットは、柔軟性と自由度の高さです。自分のスケジュールに合わせて作業ができるため、時間的な制約を受けずに進めることができます。また、自分自身の作業スタイルやペースに合わせた作業ができるため、ストレスなく作業に取り組むことができます。

ただし、DIY板金塗装には注意点もあります。まず、十分な知識と技術が必要です。板金塗装は正確さと技巧を要する作業であり、不適切な手順や技術不足が仕上がりに影響する可能性があります。また、適切な場所と器具を用意する必要もあります。

DIY板金塗装にはメリットがある一方で、十分にリスクを理解し、自身の能力や経験を考慮してチャレンジすることが重要です。作業の前には必ず十分な準備と情報収集を行い、安全かつ効果的に作業を進めることを心掛けましょう。

DIY板金塗装のデメリット

DIY板金塗装には、いくつかのデメリットもあります。十分に理解しておくことで、失敗や予期せぬ問題を回避することができます。

まず、DIY板金塗装の一つのデメリットは、技術と経験の不足です。板金塗装は繊細で複雑な作業であり、正確な手順と技巧が求められます。初めての場合や専門知識がない場合には、満足のいく仕上がりを得ることが難しいかもしれません。

さらに、DIY作業では特定の場所と器具が必要です。塗料や溶剤を使用する場合は、換気の良い場所で作業する必要があります。また、適切な道具や設備がない場合は、作業効率や仕上がりの品質に影響を与える可能性があります。

DIY作業では、作業の失敗や修正が発生するリスクが高くなります。作業中にミスがあった場合、それを修正するために追加の時間と労力がかかることがあります。また、失敗した場合、結果的に専門業者に修復を依頼する必要が生じ、費用が増える可能性もあります。

熟練した専門業者は、正確で高品質な作業を提供することができます。彼らは経験豊富であり、専門の設備と知識を持っています。自身の技術や経験の限界を理解し、ハイリスクな作業には専門業者の助けを借りることも検討しましょう。

DIY板金塗装にはメリットもありますが、デメリットも意識しておく必要があります。自身の能力と経験、作業環境と設備を適切に評価し、リスクを最小限に抑えつつ作業に取り組むことが重要です。必要な知識や技術を習得し、慎重に作業を進めることで、DIY板金塗装を成功させることができるでしょう。

板金塗装の失敗例とその対処法

残念ながら、板金塗装には失敗例も存在します。それらを知り、対処する方法を理解することが重要です。

失敗例

DIY板金塗装の失敗例は、いくつか存在します。これらの失敗例を知ることは、同じ過ちを繰り返さずに作業を成功させるために役立ちます。

まず、塗装がムラになるケースがあります。塗料を均一に塗ることは、美しい仕上がりを実現するために重要な要素です。しかし、塗布の過程でムラが発生することがあります。原因としては、塗料の量や塗布のムラが考えられます。不十分な塗料の塗布や塗る方向の一貫性が欠けると、塗装面にムラが発生し、均一な仕上がりが得られないことがあります。

また、塗装が剥がれてしまうケースもあります。塗料の密着性が不足している場合や、下地処理が十分に行われていない場合に発生することがあります。塗装には下地処理という重要な工程がありますが、これが不十分な場合、塗料が十分に密着せず、時間の経過とともに剥がれや剥げの原因となります。

さらに、色が思ったものと異なるケースもあります。色の選択は重要な要素ですが、自分で塗料を調合する際には注意が必要です。調合の方法や塗布の厚みの管理に不備があると、意図した色合いが得られず、思った通りに仕上がらないことがあります。

これらの失敗例は、DIY作業における注意が必要なポイントを示しています。板金塗装は専門性が求められるため、慎重な準備と正確な作業が必要です。自身のスキルや経験を適切に評価し、限界を超えるような作業には専門家のアドバイスや助けを借りることも検討しましょう。その結果、失敗を最小限に抑え、理想的な仕上がりを実現できるでしょう。

対処法

失敗した場合、適切な対処法を知ることが重要です。以下にいくつかの対処法を紹介します。

まず、塗装がムラになった場合は、再度塗装を行うか、専門家に再塗装を依頼することが考えられます。塗装のムラを修正するためには、古い塗料を剥がし、表面を整えた後、再度均一に塗布する必要があります。もしくは、専門業者に修正を依頼することで、きれいな仕上がりを得ることができます。

次に、塗装が剥がれてしまった場合の対処法です。剥がれた箇所を完全に剥がし、表面を整えます。その後、下地処理を丁寧に行い、塗料が十分に密着するようにします。再度塗料を塗布し、均一に仕上げることで、剥がれた部分を修復することができます。しかし、剥がれが広範囲にわたる場合や、自身が修復に自信がない場合は、専門家に相談して再塗装をお願いすることも検討しましょう。

さらに、思った色と異なる場合は、塗装の調合ミスを修正する必要があります。元の塗料の処理や、再度色を調合して塗装することによって、意図した色合いを実現できるかもしれません。また、色の補正が難しい場合や専門的な色調整が必要な場合は、専門家に相談して修正をお願いすることも選択肢となります。

失敗の対処法は、具体的な状況によって異なります。DIY作業での失敗は避けられないこともありますが、冷静な判断と効果的な対処法を持つことが重要です。自身の技術と経験を適切に評価し、限界を超えるような修復には専門業者のアドバイスや助けを借りることも検討しましょう。失敗から学び、再挑戦することで、より良い結果を得ることができるでしょう。

まとめ: 安心・納得の板金塗装を

板金塗装についての知識を武器に、あなたの愛車をより長く、より美しく保ちましょう。

最適な塗装を選ぶ

最適な塗装を選ぶことは、板金塗装の成功において重要な要素です。自分の車と予算に合わせた塗装を選ぶためには、いくつかのポイントを押さえる必要があります。

まず、耐久性を考慮して塗装を選びましょう。長期的な保護や耐候性が求められる場合は、ウレタン塗装がおすすめです。ウレタン塗装は、外部の要素から車を守り、劣化を防ぐことができます。一方、耐久性に優れなければならないわけではない場合や予算に合わせて節約したい場合は、アクリル塗装も選択肢の一つです。

次に、色の鮮やかさや美しさを考慮して塗装を選びましょう。塗装は車の外観を左右する重要な要素です。自分の好みや車のイメージに合う色を選ぶことで、愛車を表現することができます。色の鮮やかさや光沢感を重視したい場合には、ウレタン塗装が適しています。

また、メンテナンスのしやすさも考慮しましょう。塗装後も適切なメンテナンスを行うことで、色や光沢感を長く保つことができます。塗装面の汚れやキズが目立ちにくく、メンテナンスが比較的容易な塗装を選ぶことで、手入れの手間を減らすことができます。

さらに、予算も塗装を選ぶ際の重要な要素です。ウレタン塗装はアクリル塗装に比べてコストが高い傾向があります。予算に合わせて塗料を選ぶことで、必要な範囲での塗装が可能になります。

最適な塗装を選ぶためには、専門家のアドバイスを受けることもおすすめです。塗装の専門家は、車の特性やお客様の要望を考慮し、最適な塗装を提案してくれます。予算や好みに合わせた塗装を選び、愛車を美しく保ちましょう。

適切なメンテナンスを行う

適切なメンテナンスを行うことは、板金塗装の寿命を延ばすために重要です。塗装面の美しさと耐久性を保つためには、以下のポイントを守ることが大切です。

まず、定期的な洗車を心掛けましょう。定期的な洗車は、塗装面の汚れを取り除き、車体を清潔に保つために欠かせません。汚れや鳥のフン、虫の残骸などが放置されると、塗装面を傷つける可能性があります。また、洗車の際には適切な洗車グッズと洗車用のシャンプーを使用し、優しく洗うことが重要です。

さらに、保護ワックスを定期的に塗布しましょう。保護ワックスは塗装面を守り、光沢感を保つ役割を果たします。定期的にワックスを塗ることで、外部の要素から車を保護し、塗装の劣化を防ぐことができます。適切な保護ワックスを使用し、指定された手順に従って塗布しましょう。

また、定期的な点検を行うことも重要です。定期的な点検で塗装面や車体の異常を早期に発見し、対処することができます。特に、塗装面に傷や剥がれ、変色、サビなどが見つかった場合は、早急に修復する必要があります。

さらに、適切な運転と estyle="text-decoration:underline;">駐車を心掛けましょう。無理な運転や冷え込んだ状態での洗車は、塗装面に悪影響を与える可能性があります。また、適切な駐車場所を選び、擦り傷や衝撃を防ぐことも大切です。特に、駐車時には周囲の注意を払い、他の車両や障害物との接触を避けるようにしましょう。

適切なメンテナンスを行うことで、塗装面の美しさと寿命を延ばすことができます。定期的な洗車や保護ワックスの利用、定期的な点検などは、愛車をいつまでも美しく保つために欠かせません。大切な車をより長く楽しむために、適切なメンテナンスを継続しましょう。

株式会社中野自動車

ロゴ

車検や定期点検、修理や板金塗装、パーツ交換など、車の全般的な整備を丁寧に行っております。お客様の安心と満足を第一に考えるサービスを、経験豊富なスタッフの丁寧な取り組みで大阪にて提供いたします。

株式会社中野自動車

〒573-0014

大阪府枚方市村野高見台10-4

NEW

CATEGORY

ARCHIVE

TAG